ニュートンの息子

未分類

※この記事は2016年にFaceBookに投稿した記事をリライトしたものです。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

18歳になる息子。

この年代の男は、父親に逆らうことのひとつもする。
だがそれでいい。そうでないと逆におかしい。

では、私に逆らった息子に対して、
私は怒ったり、感情をあらわにしただろうか?

「何かいい事があったとするな。そしたらな、それと同じくらい、悪いことも起きるのよ。『正負』とか『陰陽』って言うんだけどな。だからな、先に『負』の先払いをするんだ。神社にお参りに行ったり、誰かにおすそ分けするのはな、そういう意味もあるんだ」

これに対する息子の反応がドライ。「やれやれ、またスピ系の話ですか。はいはい。」

コンニャロめ~(笑)

私はすかさずこう返した。

「ニュートンに息子がいたとしよう。ニュートンの息子は、ニュートンには逆らっても、万有引力の法則には逆らわなかったろ?」

「う、うん」と頷くしかない息子を見て、私は大笑い。

息子というものは、父親に逆らうことで、父親を試している。

それはピンポンのレシーブのようなもの。

上手に返せばラリーは続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました