道場で『ニンゲン観察・モニタリング』

合気道

※これは2015年にFacebookに投稿した記事をリライトしたものです。

Facebookにログイン
Facebookにログインして、友達や家族と写真や近況をシェアしましょう。

3週間に渡って道場の子供たちに「モニタリング」を仕掛けておいた。

題して 
「英語しか話さない日本人に、
子供たちはどんな反応を示す?」

モニタリングスタート!


 

「イギリスから、先生の合気道の友だちが見学に来るよ」

???という表情の子供達。

「みんなには、英語で自己紹介してもらうから。ちゃんと練習してきてね~」

えーっ!?という声・声・声。
そりゃそうだ。小学校では英語を習っていない。

「イギリス在住の日系人で、Miura先生という女性の先生です。見た目は日本人ですが、彼女は英語しか話しません。」(ウソは言ってない)

こうやって仕込んでおいたのが3週間前。

「My name is …とか、My hobby is …とか、お父さん、お母さんに聞いて、練習しておいてね~」

2週間前、こんな感じで徐々に徐々に仕込んでおいた。

「英語の練習してる?Miura先生への質問も考えておいてね~」

1週間前、徐々に緊張が高まる子供達。

そして当日。

カンペを何度も覗き込む子。
友達相手に何度も練習を繰り返す子。
覚えられな~い、どうしよう?と不安げな子。

こんな感じで、稽古しながらも、
ソワソワ、ドキドキな子供達。

道場の入口が開くたび、
子供達の視線が一斉にそちらに向く。
この辺でもう笑いそう。

そしてMiura先生登場。

「Hi! Long time no see you!」
「Oh yeah!」

打合せ通り、英語で会話を始めるMiura先生と私。

興味津々でMiura先生を見つめる子供達。生粋の日本人なんだけど、日系イギリス人と思い込んでる(笑)

子供達全員に並んでもらって、自己紹介タイム開始。

カンペ棒読みの子、
私の方を見ながら話してしまう子、
日本語で話し始めちゃう子。

面白すぎる子供達の反応に、こらえきれずに何度も爆笑。

あい間あい間に、いかにも通訳風に「この子は今こう言ったんだよ」と英語で説明、「あーなるほど」という様子で頷き、笑うというMiura先生の小芝居も効いたのか、すっかり信じ込む子供達。

「では、私から最後の質問をするよ~。『Miura先生はどこの国で生まれたの?』と聞きます。Miura先生の答えをよ~く聞いてね~」

「Last question. Miura-sensei, what is your mother country?」
「Ah…Japan.」

えっ?という声。高学年の子は気づいたらしい。
小さい子はまだ状況が飲み込めていない。

「私は日本人で~す」Miura先生の大暴露に、えーっ!うそーっ!と、ようやく状況が飲み込めた子供達。

「は~い、ダマされた子、手を挙げて~」

渋々といった感じで全員が手を挙げる。
その光景を見て、笑いながらMiura先生とハイタッチ!

最後はイギリスのお菓子をもらって、子供たちはゴキゲンで帰って行った。

子供たちよ、いい思い出と、久々の大爆笑をありがとう。

宮城野合氣修練道場(MiyaginoAikiShurenDojo)
仙台市宮城野区中野で営業中の自動車整備工場(有)鈴木ボデー工業所。その事務所2階でひっそりと稽古している合気道道場です。Miyagino Aiki Shuren Dojo is AIKIDO Dojo.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました